/

韓国・文大統領の支持率83% 南北会談で急上昇

【ソウル=山田健一】民間調査会社の韓国ギャラップは4日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の5月第1週の支持率が83%と、前の週に比べ10ポイント上昇したと発表した。文大統領は10日に就任1年を迎える。ギャラップによると、就任約1年の支持率としては、1988年に就任した盧泰愚(ノ・テウ)氏以降の直近7人で最高だ。

韓国の文在寅大統領=共同

支持率上昇について、韓国ギャラップは「4月27日の南北首脳会談の結果を肯定的に評価する声が多かった」と分析。同社の調査では文大統領の支持率は2017年6月第1週の84%が最も高く、今回はそれに迫る結果となった。

調査は5月2~3日に実施し、韓国の成人男女1002人から回答を得た。南北首脳会談については肯定的な評価が88%に達し、否定的な評価は5%にとどまった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対する印象が首脳会談を経て「以前より良くなった」との回答も約3分の2(65%)を占め、韓国国民の認識の変化がうかがえる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン