/

この記事は会員限定です

「こども宅食」で子育て支援 手渡し配送、悩みも把握

[有料会員限定]

生活が苦しい子育て世帯に食べ物を届ける「こども宅食」が注目を集めている。東京都文京区で2017年秋に始まり、同様の取り組みが他県にも広がりを見せる。物資は寄付でまかない、運営費は「ふるさと納税」を活用。手渡しの配送で各世帯の悩みに耳を傾ける。運営者は「経済的な支援にとどまらず、家庭の問題を解決する力になりたい」と意気込む。

4月下旬、文京区役所が入居する複合施設の地下駐車場で、こども宅食の配達に先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン