/

ネスレ、スタバの小売事業の買収交渉

【ジュネーブ=細川倫太郎】食品世界最大手、ネスレ(スイス)が米スターバックスの一部の小売事業の買収交渉を進めていることが4日、明らかになった。スイスメディアなどが報じた。近く合意に達する見通しという。ネスレはスタバのブランド力を獲得し、米国市場を中心に攻勢をかける狙いがあるとみられる。

報道によると、スーパーで販売しているスタバのコーヒー豆や飲料の小売事業を買収する。スタバの店舗での小売り販売は含まれていない。ネスレは「ネスプレッソ」などのブランドを展開し、スタバは競合相手となっている。2017年9月には若者に人気の米ブルーボトルコーヒーを買収するなど、ブランド力のあるコーヒーへの投資を加速させている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン