/

ツイッターに不具合、3.3億人に「パスワード変更を」

適切に暗号化処理されず保管、既に修正

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ツイッターは3日、利用者のパスワードが適切に暗号化処理されないまま社内に保管されるバグ(不具合)を見つけたと発表した。自社アカウントによるツイートで、約3億3千万人に上るすべての利用者にパスワードを変更するように呼びかけている。ツイッターによれば、すでにバグの修正を実施しており、内部の関係者がパスワードを盗んだり、悪用したりした兆候はみられなかったという。

ツイッターは利用者のパスワードを、ランダムな数字と文字の組み合わせに置き換えて暗号化する仕組みを採用している。この暗号化のプロセスでバグが生じた。具体的に何件のパスワードがどれだけの期間にわたり保護されない状態だったかは明らかにしていないが、ロイター通信は関係者の話として「数カ月間」と伝えている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン