2019年8月21日(水)

米運用、進む指数離れ 「積極型」に資金シフト
市場環境変化で資金流出入急シフト

2018/5/3 21:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=伴百江】米資産運用会社は、株価指数連動型への資金流入が減り、運用者の裁量で有望な投資先を選ぶ「積極型(アクティブ)」に回帰しつつある。米国の金融引き締めや米中貿易摩擦の懸念などで、米株価指数の伸びは鈍い。運用者の腕前で成果が左右される積極型への資金シフトは、大手運用会社の優勝劣敗にもつながりそうだ。

積極型運用とは、運用者の情報収集・分析で投資先を絞り込んで指数を上回る高い利回り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。