拉致解決へ米団体と連携 横田さんが協力要請

2018/5/3 15:11
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(失踪当時13)の弟、拓也さんと、田口八重子さん(同22)の長男、飯塚耕一郎さんは2日、訪問先のワシントンで北朝鮮の人権改善を訴える団体幹部と面会し、拉致問題解決へ連携することを確認した。

面会相手は米非政府組織(NGO)の「北朝鮮人権委員会」のスカラトウ事務総長。2月にホワイトハウスで行われたトランプ大統領と脱北者との面会を調整するなど、北朝鮮による人権侵害に焦点を絞った活動をしている。

拓也さんは面会で、トランプ氏が米朝首脳会談での拉致問題提起を約束したことを踏まえ「解決に向けて機運が高まっている。ぜひ力を借りたい」と要請。スカラトウ氏は「拉致問題は重大な人権問題だ。拉致被害者家族の皆さんと連携して、帰国に向けて努力したい」と応じた。横田さんらはワシントン滞在中、ワシントン・ポスト紙の取材を受けたほか、アーミテージ元国務副長官に面会し理解を求めた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]