/

首相「いよいよ改憲に取り組むとき」民間シンポジウムで

安倍首相は早期の憲法改正の実現を訴えた(3日、都内のシンポジウムで上映されたビデオメッセージ)

安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、都内で開いた民間団体のシンポジウムにビデオメッセージを寄せた。「いよいよ私たちが憲法改正に取り組むときが来た」と表明した。9条への自衛隊明記など、自民党がまとめた4項目の改憲案に触れ「議論は大いに活性化し、具体化した」と訴えた。憲法改正の発議に向けて「国民の幅広い合意形成が必要だ」と述べた。

首相は昨年も同シンポジウムにビデオメッセージを送り、2020年に新憲法を制定して9条に自衛隊を明記する考えを表明した。今回はこうした具体的な改憲日程に触れなかった。9条改正に関しては「憲法に自衛隊をしっかり明記し、違憲論争に終止符を打たなければならない」と主張した。「それこそが私たち政治家、自民党の責任だ」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン