/

この記事は会員限定です

日中、通貨交換協定を再開へ

首相会談で協議入り

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】金融危機時などにお互いに通貨を融通しあう日本と中国の通貨交換(スワップ)協定が早期に再開する方向となった。今月9日に東京で予定する安倍晋三首相と中国の李克強(リー・クォーチャン)首相の会談で、新たな協定締結へ詰めの協議を急ぐことで合意する見通し。金融分野での日中協力の強化が目的で、両国関係の改善を象徴する動きといえそうだ。

日中の通貨交換協定は2002年に締結したが、沖縄県の尖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン