/

この記事は会員限定です

関空対岸に常設カーリング場 西日本初、19年秋開業

泉佐野市、氷上競技核に「関空への通過点」脱皮狙う

[有料会員限定]

西日本初の常設カーリング場が2019年秋、りんくうタウン(大阪府泉佐野市)にオープンする。泉佐野市が国際規格のスケートリンクと共に「関空アイスアリーナ」として整備する。隣接地ではホテル建設の計画もある。市はカーリングなどの選手育成と市民スポーツ振興の拠点に育て、関西国際空港への「通過点」から氷上競技を軸に観光などの「目的地」への脱皮を目指す。

関空アイスアリーナは空港連絡橋をはさんでりんくう公園の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン