2018年12月15日(土)

静岡市、自転車利用促進へ「サポーター制度」

2018/5/2 22:43
保存
共有
印刷
その他

静岡市は、自転車を利用しやすい環境を整備するため、「自転車サポーター制度」を導入した。休憩場所や工具を提供したり、研修をしたりする企業・団体を募ってサポーターに認定し、ホームページなどで紹介する。

駅に認定されるとラックや工具が提供される

認定制度は3部門に分かれている。サイクリストが休憩できる「自転車の駅」を設置すると、ハード部門に認定され、市から駐輪ラックや修理工具などが提供される。ソフト部門やマインド部門は、子供向け自転車教室や交通安全研修、自転車関連イベントを企画する団体などが対象となる。

市は自転車に優しいまちづくりで地域活性化や観光振興につなげようとしている。市内に17カ所ある自転車の駅をさらに増やしながら、2018年度末には認定企業・団体(駅含む)を50まで増やしたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報