サンロフト、仮想通貨で社内交流活発に

2018/5/3 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発・ウェブサイト制作のサンロフト(静岡県焼津市)は、移転した新本社で、独自の仮想通貨を運用している。社員同士がコインを交換し合う通貨システムを構築。社内の買い物に使えるほか、社内交流の活性化や社員のモチベーション向上につなげている。このシステムを拡販しながら、将来は自治体と連携した地域通貨への応用も視野に入れている。

2月に移転した新本社の2階のカフェ。社員らが仮想通貨「サンクスコイン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]