2019年6月25日(火)

新緑楽しむ臨時列車 JR東、新潟―只見間で

2018/5/2 22:08
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は新緑の時期に合わせた臨時列車を新潟―只見駅(福島県只見町)間で運行する。車内で記念乗車証を配るほか、終点の只見駅では地元の観光協会と連携したイベントや観光プランを用意する。沿線の自然や食といった魅力を売り物に首都圏などから観光客を呼び込む。

臨時列車「只見新緑満喫号」は26日と27日の2日間運行し、それぞれ1往復する。定員80人で全車指定席。料金は片道3110円。

午前7時10分に新潟駅を出発し、同10時41分に只見駅に到着。只見駅では地酒や甘酒を味わうイベントや只見ダムなどを巡るバスツアーを催す。ツアー参加費は一人1000円。駅周辺の神社や農道を散策する無料のプランもそろえる予定。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報