2019年4月22日(月)

トヨタ、4月の中国新車販売9%増 米国は伸び悩み

2018/5/2 18:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車が2日発表した中国での4月の新車販売台数(小売台数)は前年同月比9%増の11万7900台だった。主力セダン「カローラ」や「レビン」などが堅調だった。伸び率は3月が5%強で小幅だったが、4月はやや復調した。

4月の販売を個別にみると、首位はカローラで25%増の3万2000台。レビンが15%増の1万6400台、多目的スポーツ車(SUV)の「RAV4」が7%増の1万2500台と続いた。セダンで新型の「カムリ」も32%増の1万800台と堅調だった。

「ヤリス(日本名ヴィッツ)L」などの小型車も堅調だった。カローラやレビンなどハイブリッド車の設定車種が伸び率が大きかった。

1~4月の累計販売は前年同期比9%増の43万9800台だった。トヨタは中国で2018年に前年比9%増となる140万台の販売を計画する。

中国と並ぶ大市場の米国でも1日、4月の新車販売台数を発表した。営業日が2日少なかったことなどが響き、5%減の19万2348台だった。「RAV4」など特定車種の人気が高い一方、主力のセダンが低調。全体としては勢いを欠いた状態だ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報