2018年5月26日(土)

急増する保険料負担 国保、慢性赤字解消は遠く

経済
2018/5/7 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 地域医療の矛盾が噴出している。発足から80年を迎えた国民健康保険(国保)は2018年度から一部の加入者の保険料が上がる見通しだ。過剰な病床も放置できなくなり、自治体間のきしみが生じている。住民に身近な地域医療が岐路に立っている。

 兵庫県三木市で農業を営む60代の男性が悩んでいる。「保険料が1割も上がるなんて……」。同市では18年度から国保の保険料が加入者平均で9%増える。この男性は家族の分と合わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報