2018年7月17日(火)

再エネ・原子力を30年度に44% 電力事業者に目標

経済
2018/5/2 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 経済産業省は発電の際に二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション電源の普及を本格化する。一定規模の電力小売りの企業に対し、2030年度に供給電力の44%をゼロエミッションにするよう義務付け、達成に向けた中間目標も設ける。火力以外の電力の調達先を増やすほか、新設する市場からゼロエミッションの権利を購入するように促し、地球温暖化対策を進める狙いだ。

 ゼロエミッション電源は具体的には原子力と再生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報