/

この記事は会員限定です

富士フイルム古森氏 3つの誤算

想定外だった「物言う株主」との和解

[有料会員限定]

富士フイルムホールディングス(HD)による米事務機大手ゼロックスの買収の先行きが不透明になってきた。ゼロックスは米国時間1日、買収に反対する物言う株主(アクティビスト)のカール・アイカーン氏らと和解したと発表したが、これは富士フイルムHDの「想定外」だった。古森重隆会長の「経営人生の総仕上げ」と言える大型買収だが、この1週間足らずで3つの誤算があった。

富士フイルムHDは1月末にゼロックスの買収を発表。直後からゼロックス株主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン