2018年9月25日(火)

赤ちゃんの脳を知る 切り開く教育

科学&新技術
2018/5/3 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京・本郷の東京大学大学院教育学研究科。地下1階にある「発達脳科学研究室」に毎週のように、赤ちゃんを抱いたお母さんが訪ねてくる。多賀厳太郎教授らが進めている赤ちゃんの脳活動を調べる実験に参加するボランティアの人たちだ。ここで赤ちゃんたちは「赤ちゃん研究員」と呼ばれている。

 多賀教授は赤ちゃんの脳活動を計測する研究の第一人者。研究室を記者(58)が訪ねたのは、ここに未来の教育のヒントがあると思った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報