米携帯事業者を当局が捜査 次世代SIM巡る共謀疑惑
IT Globe 小池良次(ITジャーナリスト)

2018/5/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米司法省が携帯電話の加入者管理技術の標準化に関して、不正があるのではないかと捜査を進めている。捜査対象は、米AT&Tおよび米ベライゾン・コミュニケーションズの米携帯通信大手2社と携帯通信事業者(キャリア)の業界団体である英GSMアソシエーション(GSMA)。司法省は携帯大手が「規格団体を使ってカルテル的な動きをおこなっている」との疑いを持っている。

捜査対象となったのは「eSIM(イーシム)」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]