2018年9月24日(月)

自動車会社の隠れた「ドル箱」狙うアマゾンの特許

CBインサイツ
コラム(テクノロジー)
(1/2ページ)
2018/5/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

 あまり知られていないことだが、クルマの補修部品などアフターパーツは一般的に自動車メーカーにとって、非常に利益率の高い「ドル箱」だ。消費者にとっては選択肢が少なく、専業メーカーも部品によって細かく分かれている。そこに目を付けたのが米アマゾン・ドット・コムだ。武器とするのがAR(拡張現実)技術。IT(情報技術)のプラットフォーマーは閉ざされた市場に風穴を開けることができるか。

■自動車パーツの互換性、取り寄せる前にARで確認

 車の補修・改造用部品をインターネットで買うのは難しく、イライラする作業だ。こうした部品の多くは外部メーカーが生産しているため、品質やデザインがまちまちであることが多い。

 例えば、1995年式の米フォード・モーターのセダン「フュージョン」の持ち主が新しいフェンダーライナーを注文したいとしよう。ネットで適切なライナーを見つけるのは難しいかもしれない。

 広告では「互換性がある」とされている商品でも、精度にばらつきがあるため、自分の車に合わないことも多いのだ。しかも、ブランドの数は数百種類もあり、確認すべき車種やモデルも途方にくれるほど多い。

 そこで注目すべきなのがアマゾンの技術だ。同社はすでに「iOS」と「アンドロイド」のアプリで小売りに拡張現実(AR)を導入しているが、3月にアマゾンが取得した新たな特許は、同社がARを全く新たな商品カテゴリーに拡大する可能性があることを示している。

アマゾンの特許の図面。消費者はARを使い、部品が自分の車に合うかを確認できる

アマゾンの特許の図面。消費者はARを使い、部品が自分の車に合うかを確認できる

 アマゾンは2017年1月、米大手自動車部品サプライヤー数社と販売契約を結んだことを発表し、この分野に本腰を入れ始めた。

 「自動車部品の取り付けプレビュー画像の生成」と銘打たれたアマゾンのAR特許は、まるで実際に部品を車に取り付けたかのような画像を事前に確認できるシステムだ。

 米アドバンス・オート・パーツや米オートゾーンなど既存の自動車用品店には、ARの機能はない。アマゾンはARを武器に自動車用品業界に風穴を開けることになる。

 この技術の特徴を3段階に分けて説明しよう。

  • 1
  • 2
  • 次へ

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

進むAR・VRの活用

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報