2018年10月21日(日)

第四銀、震度6強以上で元本免除の特約付き融資

2018/5/1 23:00
保存
共有
印刷
その他

第四銀行は、震度6強以上の地震が発生した時に元本を最大100%免除する特約付き融資を始めた。新潟市などで大規模地震が発生した場合、あらかじめ定めた割合(50%もしくは100%)で元本が免除される。2004年の中越地震などを経験した県内企業の地震対策への関心は高い。企業の事業継続計画(BCP)を金融面から支援する。

利用する企業は「新潟市」や「長岡市」など県内3カ所に加え「東京都千代田区」の計4カ所の観測点から1つを選ぶ。

選んだ観測点で震度6強以上の地震が発生すれば、被害・損害の有無にかかわらず借り入れ元本があらかじめ決めた割合(50%もしくは100%)で免除される仕組みだ。

融資期間は5年。まず6月下旬までに総額50億円を募り、その後は需要に応じて約3カ月ごとに順次、募集するという。

地銀では同様の融資を八十二銀行岩手銀行が導入している。第四銀は「大規模地震発生時の事業継続や復旧対策を金融面で支えたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報