2018年5月22日(火)

関西の証券会社、定型業務の自動化ソフト導入

金融機関
関西
2018/5/1 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 関西の証券会社が定型作業を自動化するソフトウエアを相次ぎ導入している。岩井コスモホールディングス傘下の岩井コスモ証券が外国株の情報共有に活用を始め、内藤証券も夏にも導入を検討している。雑務を減らし、生まれた時間を顧客への情報発信などに充てる。

 こうしたソフトは「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ばれる。例えば表計算ソフトのファイルで届いた商品発注書のデータを、受注管理システ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報