北海道内信金、札幌で営業攻勢 貸出金残高は年4%増

2018/5/2 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道内の信用金庫が札幌市内で営業攻勢をかけている。同市内を本拠とする信金も含め道内14信金が市内に店舗を展開。店舗数は10年前に比べ1割増えた。地盤とする地域の人口減などを背景に、地元企業の札幌進出の支援や地元のPRに注力している。北海道財務局によると、市内での信金の貸出金残高はここ数年、前年比4%前後の増加ペースで推移している。

店舗数は財務局の調査をもとに日本経済新聞社が集計した。全国では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]