2018年8月20日(月)

登別伊達時代村、外貨両替機を設置 訪日客に対応

2018/5/1 22:00
保存
共有
印刷
その他

 登別温泉に隣接するテーマパーク「登別伊達時代村」(北海道登別市)は自動外貨両替機「SMART EXCHANGE」を設置した。増加傾向が続く訪日外国人客の利便性を高めることで、施設内の消費額を増やす狙いだ。登別市内に外貨両替機を設置するのは初めて。

1回につき10万円分まで両替できる

 外貨両替機はアクトプロ(東京・千代田)が運営する。米ドルやユーロ、人民元、台湾ドル、韓国ウォンなど12カ国・地域の通貨に対応する。1回の両替で10万円分まで外貨を日本円に両替できる。

 登別伊達時代村は江戸時代の文化を体感したい訪日客が多く訪れ、2017年度の来場者は33万人だった。特に忍者ショーが人気で、17年には公演数を1日につき6回に増やしたり、外国語の案内パンフレットを配布したりするなど、訪日客の受け入れ態勢の整備に力を入れている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報