/

この記事は会員限定です

親族いるのに「無縁仏」 独居増え心の距離遠く

[有料会員限定]

自宅で孤独死し、身元が分かっているのに遺骨の引き取り手がなく「無縁仏」として扱われるケースが増えている。離れた親族が引き取りを拒んだり、家族の墓はあるが場所が分からなかったりしたためで、無縁仏の大半の身元が判明している自治体もある。独居高齢者の増加で一段と多くなる可能性があり、自治体は「墓の生前登録」などの対策を急ぎ始めた。

「遺骨は引き取れません」。今年2月、東京都足立区で亡くなった70代男性に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン