2018年9月19日(水)

9/19 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
  4. 4位: 株、買い戻し相場で進む選別 業績期待のソニーが高値[有料会員限定]
  5. 5位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,721,921億円
  • 東証2部 98,448億円
  • ジャスダック 102,045億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.91倍15.17倍
株式益回り6.70%6.58%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株価が3カ月ぶり高値 もの言う本業の利益率
編集委員 前田昌孝

2018/5/2 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大型連休の谷間で売買には盛り上がりを欠くが、日経平均株価は1日に3日続伸し、2月5日以来約3カ月ぶりに2万2500円を上回った。日立製作所など好決算を発表した銘柄が大幅高になり、値がさ株も買われている。日経平均は先週末に1月23日高値から3月23日安値までの下げ幅に対する半値戻しを達成し、全値戻しへの期待が芽生えている。北朝鮮リスクの後退、半導体需要の好調、外国人買いの復活などが先高観をもたらし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム