/

SBI、米国の仮想通貨関連会社に出資

SBIホールディングスは1日、米国企業と共同で1000万ドル(約10億円)を米国のシステム会社のテンプラム社に出資したと発表した。テンプラム社は仮想通貨を有価証券として販売し、流通させる技術を開発している。SBIは仮想通貨関連事業の世界展開を目指す中、技術力に着目して出資を決めた。

米証券取引委員会(SEC)は仮想通貨を証券とみなし、仮想通貨交換会社を「証券取引所」として登録することを義務付ける方針を示している。テンプラム社の技術はSECの方針に対応しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン