2018年12月13日(木)

カウントダウン東京2020

フォローする

廃家電からメダル… そこから生まれる五輪レガシー
編集委員 北川和徳

2018/5/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

連休の初日、自宅近くの中学校に開設された臨時回収所に使わなくなった携帯電話などをまとめて持っていった。ガラケーが4台に携帯音楽プレーヤー2台、デジタルカメラ1台、ノートパソコン1台など小さな段ボール1箱分もあった。少しだけ2年後の五輪・パラリンピックに参加したような気分になった。

携帯電話の回収ボックスは郵便局にも設置されている

携帯電話の回収ボックスは郵便局にも設置されている

「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」は各家庭に眠る小型廃家電から金、銀、銅を取り出して東京大会の表彰台でアスリートに贈るメダルを製造する取り組みだ。

ガラケー100台から金3グラム

では、どこに持っていけばいいのか。携帯電話やスマートフォン、タブレットならドコモショップへ。他の小型家電も一緒に出したいのなら、日本環境衛生センターの専用HP(http://www.toshi-kouzan.jp)でプロジェクト参加自治体の回収拠点を調べることができる。3月の時点で、全国の7割を超える1404自治体が協力している。

2020年大会で必要な金銀銅メダルは各約1700個。金メダルは銀の土台に6グラムの金をメッキして作られる。それぞれの重量は金が約10キログラム、銀は約1200キロ、銅は約700キロの計算になる。

ガラケー100台で約3グラムの金を取り出せるという。金メダルだけならガラケー約33万台で賄える。量が多い銀は簡単ではないが、さほど高いハードルではなさそうだ。

だが、ゴールはメダルを都市鉱山の発掘で製造することではない。このプロジェクトをきっかけにして、日本に小型廃家電のリサイクルシステムを定着させることだ。

家電大国である日本の都市鉱山の埋蔵量は世界でも有数で、資源国に匹敵する規模があるという。金銀銅に限らず、さまざまな希少金属が都市鉱山には眠っている。それをフルに活用できるようになれば、持続可能な社会の実現に向けて大きな前進となる。

20年大会のレガシー(遺産)の意味を考える時、メダルプロジェクトはとても分かりやすい具体的な事例だと思う。新国立競技場など大会後に残るハードはレガシーのほんの一部にすぎない。人々の意識や社会のポジティブな変化を生み出せるかどうかにこそレガシーの本質がある。

(20年東京五輪開幕まであと814日)

カウントダウン東京2020をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

カウントダウン東京2020 一覧

フォローする
「スポーツとテクノロジーの融合」を図るべく活動する為末大氏

 元プロ陸上選手の為末大氏が、スポーツに関連した新事業とアスリートの接点となるシェアオフィス「デポルターレ・コンプレックス」を東京都渋谷区に開設した。ベンチャー企業や研究技術者、起業を目指す若者たちが …続き (12/12)

女子ダブルスは福島・広田ペア(右側)が高橋・松友ペアを破り連覇を果たした=共同共同

 日本の五輪史上最も過酷でハイレベルな争いとなることだろう。2020年東京五輪のバドミントン女子ダブルス代表の座を勝ち取るのはどのペアか。出場枠は最大2。日本勢は現在世界ランクのトップ3を独占、10位 …続き (12/5)

採点支援システムのデモンストレーション。選手の技の角度などを画面(奥)に表示した=共同共同

 国際体操連盟(FIG)が富士通と共同開発している演技の採点支援システムを国際大会で採用することを発表した。まだ審判の目視による採点を補助する段階だが、20年東京五輪を経て将来は男女全10種目の自動採 …続き (11/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]