/

この記事は会員限定です

花開き始めた日本のアート市場

30~40代がけん引

[有料会員限定]

アート作品を購入する30~40代のコレクターが増えている。国内最大級のアートの見本市「アートフェア東京」を主催する一般社団法人アート東京によると、2017年の美術品の推計市場規模は2437億円と前年を上回った。その背景を探った。

「ここ最近、若いお客さんが多い」。こう話すのは日動コンテンポラリーアート(東京都中央区)の岩瀬幸子ディレクター。日本初の洋画商「日動画廊」(東京都中央区)が、現代アート部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン