2018年5月28日(月)

米物価上昇率が2%到達 FRBの利上げ路線後押し

トランプ政権
経済
北米
2018/4/30 22:03
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=河浪武史】米商務省が4月30日発表した3月の個人消費支出(PCE)統計によると、米連邦準備理事会(FRB)が重視するPCE物価指数は、前年同月比2.0%上昇した。伸び率は前月から0.3ポイント拡大し、FRBがめざす2%に1年1カ月ぶりに到達した。現在の米利上げ路線を後押しするとともに、引き締め加速論が浮かぶ可能性もある。

 変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数も1.9%上昇した。伸び率は前月から0.3ポイント高まった。指数が大きく上向いたのは、17年春に始まった携帯電話サービスの値下げの影響が指数上なくなった要因が大きい。パウエルFRB議長は4月初旬の講演で「今後数カ月で物価は上向く」と予測していた。

 FRBは5月1~2日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。3月の利上げの影響を見極めるため、今回は引き締めを見送る見通しだ。ただ、FOMC内には雇用逼迫が物価をさらに押し上げるとの見方もあり、利上げペースの加速を議論する可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報