/

この記事は会員限定です

スローな教育改革 多様性が未来を開く

生産性考 一歩前へ(4)

[有料会員限定]

「学校をやめるか、黒染めしてくるか選べ」。生まれつき茶色っぽい髪の女子生徒は何度も教師に迫られた。我慢して染めてはみたが、染髪剤の影響で頭皮にかゆみや痛みが出た。「ルールだから」。母親の抗議に教師はこう繰り返した。

均質な人材供給

大阪の府立高校で起こった黒染めの強要は、思考停止に陥った日本の教育の一面を映し出す。規律や画一性を重視し、出るくいを伸ばすよりも、一定の枠内に当てはめようとする。

かつて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン