/

ボルダリング日本勢、W杯で快調なスタート

2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのボルダリングのワールドカップ(W杯)で日本勢が好発進した。14日のスイス・マイリンゲンでの開幕戦で20歳の野中生萌(みほう、TEAM au)が2季ぶりに優勝。22日にあった2戦目のモスクワ大会は楢崎智亜(TEAM au)が制した。個々人のレベルアップに加え、国の支援強化によるサポートも奏功しているようだ。複数種目で競う東京五輪に向けた挑戦も始まっている。

野中、終盤も登りに安定感

野中はオフの間の体力強化が実を結び、質の高い登りにつながっている=共同

この2戦で特に質の高い登りを披露したのが野中だ。開幕戦の決勝では全4課題をクリアしただけでなく、登るまでにかかった回数(アテンプト数)の少なさで昨季のボルダリングW杯3勝のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)らを上回った。オフの間の体力強化により、試合終盤になっても指や上半身で体を支える力を十分に残せることが安定感につながっている。

次のホールドをジャンプしてつかむルートが組み込まれた、決勝の3、4課題で早速その成果が出た。他のトップ選手は持ち手をわずかにつかみ損ねたり、つかんだ瞬間に体が大きく振られて落下したりしてアテンプトを重ねる中、野中は力強い登りを保ってこの2課題を計3回でクリア。今季からチームにトレーナーの帯同が始まり、試合の合間にケアを受けられたことも大きかったといい、「すごく調子がよかったわけでもない中、いいパフォーマンスができた」と納得の表情だった。

昨季の野中はW杯7戦のうち2位1回、3位4回。日本は国別ランキングで世界一ながら、昨季は第一人者の野口啓代(TEAM au)とともに優勝を逃し続け、ガンブレッドや総合優勝したショーナ・コクシー(英国)にやや離された感もあった。

だが、今季2戦目のモスクワ大会の決勝でも、野中は優勝したガンブレッドと全く同じ成績を残した。準決勝の成績の差で2位となったものの、この2戦で続けて3位に食い込んだ野口を含め、2人が改めて世界トップレベルにいることを印象づけた。日本代表の安井博志ヘッドコーチ(HC)も「挑戦者的なところから、精神的な強さが出てきた」と評価する。

男子は楢崎智が本領発揮

2季前のW杯年間王者の楢崎智も上々の滑り出し。開幕戦で2位につけると、2戦目の決勝4課題目では離れた場所に置かれたホールドに飛びつくルートを難なく攻略。3課題目を終えた時点の2位から、見事な逆転優勝をつかんだ。

こちらも昨季は2位が多く、「あと一歩を埋めるため、今年の冬はこれまでで一番トレーニングした」と並々ならぬ思いで今季に挑んだ。もともとオールラウンダータイプだが、オフの下半身強化で、苦手だった緩い傾斜の壁への適応力が向上。「手が持ちづらくなっても、冷静に重心移動ができるようになった」と手応えを口にする。

ボルダリングW杯開幕戦で2季ぶりに優勝した野中(右から3人目)。楢崎(左から2人目)は2戦目で優勝した=日本山岳・スポーツクライミング協会提供

今季のW杯から導入された順位決定の新ルールに対応する上でも、苦手な壁をなくす意味は大きそうだ。これまでは(1)全ての課題のうちいくつ登れたかという完登数(2)アテンプト数(3)課題の途中にあるボーナス(ゾーン)の獲得数――の順で決まっていたが、今季からは完登数、ゾーン獲得数、アテンプト数の順に変わった。

かつてはできるだけアテンプト数を減らそうと慎重に登る選手が多かったが、まずはゾーン獲得に向けて何度も登る方が有利になる状況が増えそうだ。新ルールの影響で浮き沈みする海外勢を目の当たりにした楢崎智は「全く対応できない課題が一つでもあると勝てなくなりつつある」との印象を持ったといい、今後もオールラウンダーの道を究めるつもりだ。

課題のスピードにも並行出場

東京五輪はボルダリングに加え、15メートルの壁でタイムを競うスピードと制限時間内に12メートル以上の壁の到達点を競うリードの複合方式で行われる。特にスピードの強化が課題の日本勢は、モスクワ大会でボルダリングと並行して開催されたスピードのW杯にも出場した。

昨季まではなかったことで、ボルダリングへの影響を懸念する選手も多かったようだが、厳しい日程の中でも疲労を回復して結果を残した野中は「(五輪を考えれば)複数種目はやらざるを得ない。そういう状況に自分を持っていきたい」と今は前向きに捉える。

安井HCは5月5日から中国・重慶で始まるボルダリングW杯の3戦目でも並行してスピードへの出場を促す方針で、「他国に先駆け、高い負荷の中で結果を出す準備をしていきたい」と話している。

(鱸正人)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン