/

この記事は会員限定です

消えた1000万時間 「会社」を崩せば新境地

生産性考 一歩前へ(1)

[有料会員限定]

秘書から経理まで。会社の基本機能をまるごと請け負うスタートアップ企業が成長を続ける。東京・渋谷に本拠を置くキャスター(中川祥太社長)だ。

受託した事務をこなす約100人の社員の95%は自宅で働く。週に1日も出社する必要がない。仕事はチーム単位だがやり取りはネット上で完結する。働きやすさが評判を呼び、毎月1千人以上の応募者のなかで採用するのはわずか10人。この人手不足時代に「買い手優位」の採用が続く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン