2019年6月24日(月)

加藤一二三さんら春の叙勲 4151人が受章

2018/4/29 5:00
保存
共有
印刷
その他

政府は29日付で2018年春の叙勲受章者を発表した。今回最高位の旭日大綬章には高村正彦元外相(76)ら16人を選んだ。将棋棋士の加藤一二三さん(78)や映画監督の北野武さん(71)らに旭日小綬章を贈る。受章者は旭日章976人、瑞宝章3175人の計4151人。このうち民間人は1906人で全体の45.9%を占めた。女性は399人で9.6%だった。民間人、女性の受章数は03年の制度改正以降で最多。(関連記事を社会面、受章者一覧を特設面に)

旭日大綬章はほかに、石原邦夫元東京海上ホールディングス会長(74)、川端達夫元衆院副議長(73)、武部勤元農相(76)、近衛忠煇日本赤十字社社長(78)、桜井龍子元最高裁判事(71)らに贈呈された。瑞宝大綬章は笠間治雄元検事総長(70)、梶田信一郎元内閣法制局長官(70)、斎藤隆元統合幕僚長(70)、佐々木毅元東京大学長(75)ら7人が受章した。

分野別の受章者では、芸術文化から日本画家の川崎春彦さん(89)が旭日中綬章を、作詞家の阿木燿子(本名・木村広子)さん(72)、俳優の西田敏行さん(70)らが旭日小綬章を受ける。産業振興では朝香聖一元日本精工社長(75)が旭日重光章に、環境に配慮した森林経営を行う林業の橋本光治さん(72)=徳島県那賀町=が旭日単光章に選出された。

教育研究などで「彫金」の重要無形文化財保持者で金工作家の中川衛さん(70)=金沢市=が瑞宝中綬章に決まった。「人目に付きにくい分野」では保護司として尽力した伊藤勝子さん(73)=秋田県横手市=らに瑞宝双光章が贈られる。

別枠の外国人叙勲は62カ国・地域の140人(うち女性21人)。オルブライト元米国務長官(80)ら12人が旭日大綬章に決定した。ノーベル文学賞を受賞した英国人作家のカズオ・イシグロさん(63)が旭日重光章に、NHK交響楽団桂冠名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテットさん(90)は旭日中綬章に選ばれた。プロ野球ロッテ元監督のバレンタインさん(67)と国連児童基金(ユニセフ)アジア親善大使のアグネス・チャンさん(62)、米国の太平洋航空博物館パールハーバー元館長ケネス・デホフさん(69)は旭日小綬章が決まった。

大綬章は天皇陛下、重光章は安倍晋三首相が5月8日に皇居で授与する。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報