大災害債に緩和マネー流入 米ハリケーン後も衰えず

2018/4/29 0:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自然災害リスクを引き受ける再保険市場への資本流入が止まらない。保険会社などが災害保険金の支払いに充てるために発行する債券の新規発行額は2017年に世界で約1兆円と過去最高を更新。18年も最高ペースが続く。17年に米ハリケーンで過去最悪の損害が発生したのに、緩和マネーの受け皿として大災害債の需要は強まっている。

大災害債は震災などで多額の保険金の支払いが生じた際に、元本の一部を取り崩して支払いに充…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]