/

この記事は会員限定です

「対トランプ」距離の違い鮮明 独仏、米説得は空回り

米欧修復、なお視界不良

(更新) [有料会員限定]

トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでドイツのメルケル首相と会談した。首脳会談に費やしたのはわずか3時間。直前に国賓として厚遇を受け、3日も滞在したフランスのマクロン大統領と「対トランプ」での距離の違いを際だたせた。

米独会談で一つの関心は「握手」だった。トランプ氏は昨年、会談冒頭にメルケル氏の握手の誘いに応じず、相性の悪さを露呈した。今回はすんなり握手した両首脳だが、記者会見ではお互い硬い表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン