2018年8月20日(月)

「対トランプ」距離の違い鮮明 独仏、米説得は空回り
米欧修復、なお視界不良

2018/4/29 12:00 (2018/4/29 20:22更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでドイツのメルケル首相と会談した。首脳会談に費やしたのはわずか3時間。直前に国賓として厚遇を受け、3日も滞在したフランスのマクロン大統領と「対トランプ」での距離の違いを際だたせた。

 米独会談で一つの関心は「握手」だった。トランプ氏は昨年、会談冒頭にメルケル氏の握手の誘いに応じず、相性の悪さを露呈した。今回はすんなり握手した両首脳だが、記者会見ではお互い硬い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報