「自衛の措置」範囲で論戦、自民9条改憲案 野党は拡大懸念

2018/4/28 20:00
保存
共有
印刷
その他

与野党8党の幹部らが28日、千葉市内で開かれたイベントで、自民党の憲法9条の改正案を巡って討論した。自民党の船田元・憲法改正推進本部長代行は「自衛隊を等身大の姿で憲法に書き加える」と強調し、自衛権の範囲は変わらないと訴えた。野党は集団的自衛権の行使拡大につながる懸念を示して批判した。

自民党は「9条の2」を新設し「必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織」として自衛隊を明記する案をまとめた。立憲民主党の枝野幸男代表は「従来の解釈がリセットされ、集団的自衛権を含めた全面的な自衛権が認められると読める」と指摘。希望の党の玉木雄一郎代表は「なぜ(自衛権の範囲の)限定を条文に書かないのか」と述べた。

自民党の船田氏は、戦力不保持を定めた9条2項を残すため、従来の解釈は変わらないと説明した。公明党の国重徹衆院議員は「これまでの自衛の措置の限界を超える改正にならないか、慎重に検討する必要がある」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]