2018年11月21日(水)

セクハラ風土「改善せず」 働く女性の半数が実感

2018/4/28 15:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が女性活躍推進を成長戦略に掲げて5年。働く女性の半数が、この間もセクハラの起きる職場風土は「改善していない」と感じていることが日本経済新聞社の調査で分かった。被害経験を訴える女性は43%に上った。女性が仕事で存分に力を発揮するためには職場の環境改善が急務だ。

調査は2018年4月24~26日、20~50代の女性正社員1000人を対象にインターネット上で実施した。職場風土について、52%が「改…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報