/

この記事は会員限定です

ふるさと納税、地域貢献なるか

開始10年 お得な返礼品、競争が過熱

[有料会員限定]

ふるさと納税が4月30日、制度導入から10年を迎える。少額で返礼品を受け取れるとあって寄付の増加が続く。だが返礼品競争は過熱し、国は地場産品に限るよう求めた。「お得」か「地域貢献」か。最新事情を探った。

野菜や地ビール、地方を身近に~寄付額は過去最高

「ママ、これがいい!」。都内在住の主婦、斎藤紫さん(37)はふるさと納税の返礼品が並ぶパソコン画面を娘たちとのぞき込む。斎藤さんは「子どもが関心を持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4925文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン