2018年7月22日(日)

中国など12カ国を優先監視 米、知財保護の強化要求

中国・台湾
北米
2018/4/28 0:22
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=共同】米通商代表部(USTR)は27日、貿易相手国の知的財産保護に関する状況を分析した報告書を発表した。中国、カナダ、ロシア、インドなど12カ国を知財保護に重大な懸念がある「優先監視国」に指定した。今後、2国間で協議し、知財保護策の強化を要求する。

 知財保護が不十分な「監視国」にはメキシコやブラジル、ベトナムなど24カ国を指定。日本は優先監視国、監視国のいずれにも該当しなかった。

 報告書は米通商法スペシャル301条(知的財産権の保護条項)に基づき、USTRが毎年春に公表している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報