JR東、「幕張新駅」工期短縮を検討

2018/4/27 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本千葉支社の西田直人支社長は27日の記者会見で、千葉市などと費用負担で合意した幕張地区の新駅の建設費用や工期を縮める方向で検討していることを明らかにした。総事業費は約130億円で、工期は約6年の見込みだが「事業費を抑える方向で検討している。(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]