TTK、同業ミライトHDの完全子会社に

2018/4/27 21:16
保存
共有
印刷
その他

情報通信工事のTTKは27日、同業大手のミライト・ホールディングスと10月1日付で経営統合すると発表した。株式交換によってミライトHDの完全子会社となる。TTKは東証2部の上場を廃止する。両社ともNTTなどの通信工事に強みを持つが、受注は減少傾向にあり、経営効率化を目指す。

TTKは2017年5月に策定した中期経営計画で土木や電気工事などNTT以外の事業の強化を掲げていたが、人材やノウハウ不足などで苦戦していた。今回の経営統合でシナジー効果を狙い、効率化を図る。年商が約3千億円と10倍近い規模のあるミライトグループもNTT関連工事以外の新事業に注力しており、ノウハウを得て事業拡大を目指す。

TTKは1955年に東北通信建設として設立、75年5月に東証2部に上場した。完全子会社化後も社名やブランド、人事などの変更は予定していないという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]