名証上場、決算が序盤ピーク 業績好調目立つ

2018/4/27 21:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋証券取引所に上場する3月期企業の決算発表が27日、序盤のピークを迎えた。森村グループの日本ガイシや日本特殊陶業のほか、外食チェーンのアトムなど34社が同取引所で記者会見した。自動車や半導体の需要増を背景に、業績を伸ばす企業が目立った。

「生産が間に合わない」。27日の記者会見で、日本ガイシの大島卓社長は引き合いの強さを強調した。IoT(モノのインターネット)化で需要が伸びる半導体をつくる装…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]