2018年6月19日(火)

NEC、赤字の無線通信機器 撤退も視野

エレクトロニクス
2018/4/27 18:21
保存
共有
印刷
その他

 NECは27日、都内で2018年3月期の決算発表会見を開き、新野隆社長は赤字が続く無線通信機器事業について「機種を絞り込んで利益の高い製品に注力する」と語った。構造改革を進めて黒字化が難しい場合は事業撤退も視野に入れる。新野社長は「数量ではなく、利益にこだわって販売する。徹底的な原価低減にはこれまで以上に取り組む」考えを示した。

 同社の2018年3月期連結決算(国際会計基準)は売上高にあたる売上収益が前の期比7%増の2兆8444億円、営業利益が53%増の638億円だった。ただし、海外中心に展開する無線通信機器「パソリンク」は80億円程度の赤字になっている。

 パソリンクは基地局間を無線電波でつなぐ独自製品で、光ケーブルを敷けない地域でも短期間で通信網を整備できる。ただ、中国の華為技術(ファーウェイ)が同様の製品で低価格攻勢をかけ、NECやスウェーデンのエリクソンは苦戦している。

 19年3月期は400億円の構造改革費用を盛り込み、営業利益は22%減の500億円を見込む。国内で3000人規模の人員削減のほか、事業所の閉鎖を進め、収益力を高める。新野社長は「20年3月期は営業利益1200億~1300億円を目指す」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報