2018年6月19日(火)

予想外だった草津白根山の噴火 地下岩盤で新現象か

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2018/4/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2018年1月の草津白根山(群馬県草津町)の噴火は予想外だった。専門家でも場所と時期を事前に予測できず、現在の火山研究の限界が露呈した。噴火から4カ月がたち、その原因として岩盤の亀裂に目詰まりが起きる「シーリング」と呼ぶ現象がかかわっている説が急浮上してきた。今回の噴火がなぜ起きたのか、最新事情を追った。

 「ノーマークの本(もと)白根山の噴火は驚きだ。本命だった白根山の最近の活動低下と表裏一体の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報