日銀、物価2%「19年度ごろ」削除 金融政策は維持

2018/4/27 10:20 (2018/4/27 12:51更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は27日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持を決めた。2019年度の物価見通しは据え置いたものの「19年度ごろ」としていた2%の物価目標の達成時期について文言を削除した。これまで達成時期を6回先送りしており、政策運営を柔軟化する狙いがあるとみられる。

黒田東彦総裁が同日午後に記者会見を開き、決定内容を説明する。副…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]