2018年10月20日(土)

「ユーチューブ編集、確実に稼げる」実はウソ 消費者庁が注意喚起

2018/4/27 10:11
保存
共有
印刷
その他

動画投稿サイト「ユーチューブ」に編集した動画を投稿するだけで確実に稼げるなどと虚偽の表示をし、高額な商品を販売したとして、消費者庁は27日までに、消費者安全法に基づきITコンサルタント業者「イメージ」(東京都渋谷区)の事業者名を公表した。各地の消費生活センターに相談が寄せられているとして注意を呼びかけている。

消費者庁によると、イメージは交流サイト(SNS)上の広告や自社ホームページで「15分の作業で最低月収50万円」「知っている人は100%稼いでいます」などと記載。興味を持った人が電話で問い合わせると「高い収益を得るには有料コースに入る必要がある」と執拗に勧誘し、情報商材を購入させていた。

情報商材は動画編集ツール付きで10万~130万円。各地の消費生活センターには2017年6月から18年3月までに計99人から相談があり、うち55人が情報商材を購入。購入者は20~40代が多かったという。

同庁によると、同社の代表者は虚偽表示を認め「この事業で約4億円売り上げた。事業は今後やめる」と説明したという。同庁担当者は「ユーチューブの再生回数は個々の閲覧者の判断に依存するため、誰もが簡単に稼げる仕組みではない。甘い言葉にだまされないで」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報