/

この記事は会員限定です

犬山・常満寺住職を告発、FX所得脱税容疑 名古屋国税局

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)取引でもうけた所得など約2億2千万円を故意に申告せず、所得税約3100万円を脱税したとして、名古屋国税局が愛知県犬山市の「常満寺」の難波俊介住職(45)を所得税法違反の疑いで名古屋地検に告発したことが26日、関係者への取材で分かった。

難波住職は取材に「仕事の繁忙期が確定申告と重なって申告ができなかった」と話した。1月末まで高等専門学校で准...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン