/

この記事は会員限定です

米カジノ大手幹部「日本のIR、健康をテーマに」

[有料会員限定]

米カジノ大手、シーザーズ・エンターテインメントの国際開発部門責任者、スティーブン・タイト氏は26日、日本経済新聞の取材に応じ、大阪・夢洲で計画する統合型リゾート(IR)で「健康」を軸とする構想を明らかにした。借り入れのほか、日本企業とのコンソーシアム(企業連合)で資金を捻出する計画だ。主なやりとりは以下の通り。

――IR実施法案が27日に閣議決定する見通しです。

「シーザーズは『責任あるゲーミン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン