米カジノ大手幹部「日本のIR、健康をテーマに」

2018/4/26 21:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米カジノ大手、シーザーズ・エンターテインメントの国際開発部門責任者、スティーブン・タイト氏は26日、日本経済新聞の取材に応じ、大阪・夢洲で計画する統合型リゾート(IR)で「健康」を軸とする構想を明らかにした。借り入れのほか、日本企業とのコンソーシアム(企業連合)で資金を捻出する計画だ。主なやりとりは以下の通り。

――IR実施法案が27日に閣議決定する見通しです。

「シーザーズは『責任あるゲーミン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]