アイカ工業、化粧板を5~15%値上げ 原油高受け

2018/4/26 21:30
保存
共有
印刷
その他

アイカ工業は7月から店舗などの内装材に使う化粧板を5~15%値上げする。原油高を背景に原材料のナフサが高騰しているのを受けた措置。採算改善のため価格転嫁を進める。

26日の記者会見で小野勇治社長が明らかにした。アイカは化粧板の国内シェアの7割弱を占める最大手。オフィスビルやホテルなどに使われ、市場は拡大している。

同日発表した2018年3月期の連結純利益は前の期比8%増の119億円、売上高は8%増の1637億円。いずれも過去最高を更新した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]