2018年11月17日(土)

トヨタ系部品、中国でEV関連技術売り込み 普及見据え

2018/4/26 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=大本幸宏】トヨタ自動車系の部品各社が中国で次世代技術の普及をにらんだ製品の売り込みに力を入れている。開催中の北京国際自動車ショーに豊田合成がブースを初出展したほか、アイシン精機は2019年に始まる新エネルギー車(NEV)規制を受けた製品群をPR。電気自動車(EV)へのシフトが進む激戦地の中国で対応を急いでいる。

アイシンが展示の目玉にした装置が「イーアクスル」だ。モーターとギアボックスで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報